犬の散歩道(テニス、京都のカフェのこと)
犬(作者)によるテニス日記や京都のカフェ紹介、ケーキや和菓子等のスィーツのことを書いています。 どなでもご自由に書き込みしてください(^^) 京都市は西陣に在住しています。

プロフィール

犬(いぬ)

Author:犬(いぬ)
週4テニスに没頭する犬
テニス歴8年のネットプレーヤー、バックのジャックナイフとドロップショットを得意とする



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


テニスの王子様[実写版]

漫画、アニメで人気の「テニスの王子様」の実写版を観ました。
率直な感想は、『私の2時間返してください!!』

スポーツ漫画(アニメ)の実写版って成功した例あるのかなぁ!?

テニスのフォームはおかしいし、スィングスピードが遅い。むちゃくちゃだよー。

シングルスの試合しているのに、ダブルス用ネットでシングルスポール立ってないし。テニス知っている人いなかったんちゃう?

「ハクゲイ」って技は、相手コートでバウンドしたボールが自分のコートに戻ってくるんだけど、バウンドする前に手でキャッチしてるじゃん!それって失点ちゃうの!?

それに、主人公の感じの悪さはなんだ!?
テニスは、少なくともコート外では礼儀正しく行うべきだ!特に中学生があんな態度ではいけない。
っていうか、主人公以外は中学生に見えなかったぞ。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


クイール

クイールって映画をみた。

【概要 gooから引用】
子犬の生ませの親、水戸レンのもとで生まれた、お腹にブチのあるラブラドール・レトリバー。盲導犬訓練士の多和田に引き取られ、育ての親、仁井夫妻の家で暮らすことになった子犬は、クイールと名付けられる。愛を受けて元気に育ったクイールは、1歳になると多和田の訓練を受け始めた。やがてクイールは、視覚障害者の渡辺と歩くことに。渡辺は犬に慣れない頑固者だが、徐々に心を通わせていく。そして2人がかけがえのないパートナーとなったある日、突然、事件は起きた。

クイール


私は以前に犬を飼っていたこともあり、動物ものの映画には弱い。
頑固者の視覚障害者の渡辺が、だんだん、クイールを信じるようになり、また愛するようになる過程が感動した。
そこらへんで、ハッピーエンドで終わってくれれば良かったけれど、この作品はクイールが生まれてから死ぬまでの一生を描いたストーリー。
渡辺が糖尿病で亡くなり、クイールがだんだん年をとり、最後、クイールが衰弱して倒れるシーンは、自分が飼っていた犬と重なり、悲しい記憶がもどってきた。
自分の犬との別れから、2年くらいかかって立ち直ったと思ったのに、この映画をみて、また傷心した。見なきゃ良かったかもしれない。。。



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。