犬の散歩道(テニス、京都のカフェのこと)
犬(作者)によるテニス日記や京都のカフェ紹介、ケーキや和菓子等のスィーツのことを書いています。 どなでもご自由に書き込みしてください(^^) 京都市は西陣に在住しています。

プロフィール

犬(いぬ)

Author:犬(いぬ)
週4テニスに没頭する犬
テニス歴8年のネットプレーヤー、バックのジャックナイフとドロップショットを得意とする



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



最近のトラックバック



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


水の低きに就く如し

初夏のように温かくなったかと思えば、その翌日には雪が降るというように、気候の変動が激しい。
インフルエンザに罹患した友人も多い。

最近、うちのテニスサークルが変わりつつあるように感じる。それが良いか悪いかを云云するつもりはない。
変化の理由のひとつとして、メンバー数の増加が考えられる。現在は50名程だろうか。それ故にかどうかはわからないが、サークル内で知り合って付き合っている人や、サークル外でテニスをしたり遊びに行くグループなども多く発生しているようだ。

サークル運営上、特に所期において、最も重要視していたことがある。それは、帰属意識が薄く、参加頻度も異なる社会人サークルという集団は、まとまりにくいということだ。
そこで、社会的に器用でない私が考え実行した方策は次のようなものだ。

まずは、定期的にテニスの練習日を設けた。毎週末、つまり月に4~5回開催すれば、忙しい人でも最低1回は参加できる機会が生まれ、他のメンバーとのつながりを持て、サークルへの帰属感を保てるだろうと考えた。

また、テニス練習後の食事、お茶の席を設けることにより、練習中に会話ができない部分を補った。他のサークルでは、一部のグループだけで行っているというのも聞いていたが、全員が参加できることを大切に考えた。

他には、テニス以外のイベントを企画した。本当にテニスが好きな人は別として、テニスだけでは、「飽き」が生まれると考えた。また、いわゆる懇親の場となり、本意ではないが、これが1番サークルへの帰属意識を高めるのではないかと考えた。もちろん、参加したい人は全員が参加できるようにした。
本当にささいな飲み会でも、みんなが参加できるように連絡していた。
付随して、みんなの予定がたてやすいよう、なるべく1~2ヶ月前には期日を設定し、皆がわかりやすいようインターネット上のコミュニティサイトを見つけ、それを利用するようにした。

これらのことは、サークルを結成した2000年~2005年頃までは信念として徹底してやってきたつもりだ。

しかし、2005年頃に、私の精神状態の不安定さから、今までの信念にヒビが入りだした。
それは、旅行に行こうとサークルメンバーから誘われたことに端を発する。それまでの信念からなら、全員が参加できるように段取りしたところだが、疲れた精神状態の自分の中で「気楽に旅行を友達と楽しみたい」という思いが湧いてきた。始めは、そのふたつの考え方の狭間でかなり迷った。
しかし、結局は、一部の人で旅行に行くという選択肢を選んだ。だからといって今、後悔しているわけではない。ただ、そういう考えを肯定してしまったことに対して、なんらかの今までとは違う、自分の行動を考えなければならなかったと思う。

そして、現在、そのヒビは自分の信念を割ることだけでは収束せず、メンバーのグループ化というヒビにつながったのではないかと考えている。
でも、客観的に見れば、それは社会の摂理であると思っていた。どんな団体においてもグループ化や派閥が生まれるものであるからだ。いや、摂理であると思い込もうとしていたのだと思う。初期の信念からすれば、それは摂理であってはならないものであったのに。

ここまで来てしまっては、今の私に打開し進んでいく気力とモチベーションがない。最近、自分自身の能力の無さ、性格上の欠損を痛感してしまう。

後は、水の低きに就く如しである。自然にゆだねても、問題なく流れていってくれそうな気がする。現在が個々人の帰属意識が最も薄まっていると感じるからだ。

農業に例えるなら、畑を耕し、種を蒔き、肥料をやり、天候を気づかい、そして実がなり、収穫作業が進んでいるところで、どこかの工程で問題があり、考えていた収穫を得られなかったことに気づいた。けれど作物は各々育っているという状態だろうか。
そろそろ潮時なのだと思う。同じ土壌で同じ作物を育てつづければ、かえって土壌は弱ってしまう。

私の考えか農作業に問題があったのだろう。私より、いろいろな面において能力が優れている人がやれば、もっと実りも大きかっただろうし、私自身の在りようも違っていただろうに。

スポンサーサイト

フットサル

な、な、な、な、なんと3月からフットサルを始めることにあいなりました!

友達が所属するビギナーフットサルチームにゴールキーパーが不足しているとのことで、私にオファーがあった。
サッカーは超初心者なんだけれど、ビギナーチームのキーパーならできそうな気がする。

テニススクールでコーチに、ボレー時にはスプリットステップではなく、ドイツの名ゴールキーパーであるオリバー・カーンがあみだしたスタッカートステップを取り入れる動きがあると教わった。
スタッカートステップとはスプリットステップよりも細かく前に小刻みに移動するようなステップで、ボールへの対応力が上がるらしい。実際私もテニス中にやることがある。

まぁ、そんなつながりもあるし、中・高とバスケをしていた経験で、味方の動きに合わせたパスをだす能力はあるつもりだし、反射神経もそれなりに優れていると思う。

なんて、手前勝手な変な自信もあり、ゴールキーパーならできそうだと思ったのと、なにか新しいことを始めようと思っていた時期だったので、快諾した。
3月3日に試合があるので、とにかく練習しないと!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。